こだわり対感レポ★ダンディ・メソッド講座

 

シェアする

ダンディ・メソッド

 

 

先日は、プルミエール倶楽部が協賛しているダンディーセミナーに行って来た。
ダンディーとはなんぞやということを、ワークショップ形式で追求するセミナーで、
11時から19時まで一日がかりのイベントなため、そもそもどんな人が来るんだろうという興味も非常にあった。

うーむ、さすが皆さんオシャレな雰囲気で、充分ダンディーではないか(^-^)/

だいたいにして、この手のセミナーは、必要な人は来ず、充分だろうという人に限って参加するのが、悲しいかな世の常である。

このような方々とダンディーについて語るのは大変刺激になる。

講師は、某大手プロダクションにて三十年モデルをされている伊藤芳則氏。
広告出演は一万本。
4000人の新人モデルを育成中してきた、素晴らしいキャリアの持ち主である。

スマートなエスコート指導、ウォーキング、コーディネート術指導から入り、参加者の皆さんとの対談。

ざっとこんな構成だが、結論。

ダンディーとは、ギャップ、スキ、メリハリではなかろうか。

実際、昨日、ランチタイムの際に盛り上がった話は、河童の話。
河童って。。(笑)

オシャレなスーツに身を包んだ大人が真剣に河童が存在するしないの話をしているのは、
何ともギャップがあって魅力的である。

余談だが、先生説は、河童は、宇宙人を見誤ったもので、甲羅は酸素ボンベ、皿はヘルメットなんだと力説する。

正直、どっちでもいいが、そろそろ五十に近づく男性が、河童の話をするギャップは
たまらなく魅力的だ。
と同時に、
カッコいい中にそういう少年の心、ロマンを持っているスキもダンディーの要素だと思う。

後はメリハリ。
男性にドキッとする仕草を女性にアンケートを取ったところ、

腕時計を外す仕草
袖をまくる仕草
ネクタイを外す仕草

鉄板仕草だが、これらに共通するのは、オンからオフになる瞬間を表す。
そのメリハリをきちんとスマートにしている男性も又ダンディーであろう。

最後に、僕は、重要な要素として、余裕感ということを挙げてみたい。

例えばエスコートをすんなり出来るということも、相手を気遣える余裕があるということだし、
さらにそのエスコートも、自分の視野が広がらねば相手が何を求めているのかがわからない。
視野を広げるために、絶えず自分磨きをする必要もある中で、相手も気遣えるというのが、
余裕を感じ、ダンディーと称されるゆえんだと思う。

エスコートというと、堅苦しく感じる人がいる。何やらルールっぽいと。

確かに、女性をエスコートするのは女性が左、階段は、男性が下、エレベーターは男性が後。
諸々ルールがあるが、それにはきちんと理由がある。

その理由を知れば、エスコートは、相手への思いやりを分かりやすく伝える方法だとわかる。
つまりは、コミュニケーションの一つであろう。

そのコミュニケーション方法の一つと考え、しかも相手も喜んでもらえるなら、食わず嫌い
をせず、みんながエスコートを積極的に学んでも良いかと思う。

最後に、先生は言う。
ダンディズムやエスコート術は、一つ間違えるとナンパ術に利用出来るが、ダークサイドに
落ちることなく、大切な人とのより円滑なコミュニケーション、愛する人を守るために使って
こそ本物のダンディーであると。

僕もまだまだ修行が必要である。


 

■対感レポーター■
ALIA 峰尾晋一
株式会社ヌーベル 代表取締役 CEO 
株式会社ヌーベルシステムデザイン 代表取締役 CEO
株式会社ハッピーカムカム 代表取締役 CEO
明治大学文学部史学地理学科卒業後、大手 IT 会社に就職。

恋愛と歴史の本場イタリアにて、
某有名イタリアデザイナーブランドでファッションモデルを経験。
恋愛イベント・講演活動多数



次回「ダンディ・メソッド講座」:

・11月4日、18日(金)19:15〜20:45
男の美学講座「ダンディ・メソッド」
【入門コース】
有料会員限定 抽選3名様限定無料ご招待

・11月13日、12月3日(土)11:00〜19:00
男の美学講座「ダンディ・メソッド」
【上級コース】
《50%OFF!こだ割クーポン付の特権!》

【詳細】http://premie-crub.com1day/november.html

 

ダンディ・メソッド
プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典

*有料会員様にはこだ割クーポンとして上記セミナーを50%OFFで受講できます
(つまり・・・有料会員になったほうが2千安く受講できWのこだ割!!!)


詳細はこちら会員の詳細はこちら↓
ダンディ・メソッド

会員登録がまだの方は、会員登録をお願いいたします(会員登録限定4,500名迄)
<登録いただくと今後も隠しクーポン・こだ割クーポンのヒントやシークレットイベント・パーティ情報、
最新情報の当倶楽部ならではの
こだわりの特権をメルマガにてご案内いたします>

このページの先頭へ

Copyright © 2003- happy come come co., Ltd All rihts reserved.